お気軽にお問い合わせください
0120-932-487 受付時間 10:00~16:00(水曜定休)

アロバーの取り組むSDGs

SDGs
アロバーではSDGsが発足する前から産地買付を通じて様々な取り組みをしてきました。
それらを各目標に当てはめると以下のようになります。

貧困をなくそう

二カラグア、エル・サルバドルは中米の中でも特に貧しい国です。その国々で素晴らしい品質のコーヒーができています。 それでも国際相場での取引によって、生産者はいくら頑張って作っても貧しいままです。アロバーでは、毎年訪問しカップテストをして、品質に見合った価格で取引をするダイレクトトレードをしています。また、継続取引を大切にしています。今年買うけど来年は買わないというのでは生産者の収入は安定しません。この取組を続けることが貧困をなくすことに繋がっていると考えます。

貧困をなくそう

質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなに

ニカラグアやエル・サルバドルでは未だ読み書きができない子どもがたくさんいます。 学校があっても収穫期には働きに行くことがあったり、家計のために働き続けることもあります。また、教える先生の質の向上も必要です。 アロバーが継続的に買い付けを行いコーヒー豆を販売することで教育を受けるための必要なお金として積立られています。 美味しいコーヒーを作ってくれる生産国に少しでも恩返し(恩送り)できたらと考えます。
※スマイルトライアングル学びの場支援プロジェクトの詳細は下記にて

働きがいも経済成長も

働きがいも経済成長も

アロバーでは働いている人の8割が主婦の皆さんです。 子どもが小さい時期から一段落するまで、またその後に至るまでそれぞれの働き方があります。その働き方に応じてやりがいを持って働けるような就業規則の見直しや環境整備、スタッフ同士の助け合いで成り立っています。 お母さんがイキイキと笑顔であることが未来の子どもたちにとっても働くことの意味の実感につながると考えます。
2018年子育て行動計画策定企業認定
2019年素敵にたかまつ女性活躍企業認定
2021年家庭教育サポート企業認定

人や国の不平等をなくそう

人や国の不平等をなくそう

相場に左右されず品質に見合った価格での取引を継続的に行うことで一般的なコーヒー取引額の約3倍近くの金額が農家さんに支払われています。その農園で働く人たちもそうです。対等な取引で不平等がありません。 アロバーでは毎年同じ農園での買い付けをとても大切にしています。今後はこの取組を 広げていくことでより多くの不平等がなくなると考えます。

※スマイルトライアングル学びの場支援プロジェクト

スマイルトライアングル学びの場支援プロジェクト

コーヒー豆1袋お買い上げごとにニカラグアの子ども1人が1時間、字の読み書きなど学ぶことができます。

コーヒー豆の生産国のほとんどが貧しい国です。ニカラグアは中米でも特に貧しく、収入面から小学校も途中で退学せざるを得ない状況の子ども達が全体の60%以上もいます。そして親とともに働き始めたり、ギャングの道に行く子も少なくありません。 学ぶことが止まれば将来の夢や希望を描くことすら困難になります。 豊かな国に育った私たちにできることは、たくさんありますが、老子曰く「授人以魚 不如授人以漁」とあるように、アロバーでは学ぶ場をつくり・維持することをビジョンに掲げました。できる規模になってからではなく、小さなことかもしれませんが、できることからはじめています。皆さんのその1杯が子どもたちの希望に繋がっています。明るく笑顔いっぱいの世界の実現に向けて。